鼻のニキビと黒ずみを改善させる方法とは

女医

鼻は皮脂分泌が盛んなため、皮脂とメイク汚れが角質になりやすい部分です。角質が毛穴に詰まり、固まったものを角栓と言います。この角栓を放置すると酸化し、黒ずみになってしまいます。また、そこに細菌が繁殖するとニキビになるため、厄介です。鼻のニキビと黒ずみを改善させるには、角栓を取り除く必要があります。

黒ずみを取り除こうと無理やり毛穴を指で押したり、毛穴パックの頻度を多めにしたりしていませんか。このようなことをするとかえって皮膚を傷つけてしまい、傷を守るために皮脂が過剰に分泌されてしまいます。その傷が炎症を起こし、ニキビになってしまう恐れもあるため逆効果です。また、黒ずみやニキビの原因である皮脂やメイク汚れを取り除こうとクレンジングや洗顔を頻繁にしたり、洗浄力が高いものにするのもおすすめできません。肌は洗いすぎると乾燥してしまい、それを守ろうと皮脂が過剰に分泌されてしまいます。それにより、また新しい角栓ができる原因になるからです。

悩む女性

角栓を取り除くには、まずは角栓の特徴を知る必要があります。角栓の成分はたんぱく質が多く含まれているため、たんぱく質を分解する働きのある酵素洗顔を使うことで角栓を取り除くことができます。洗顔後は肌を乾燥させないように乳液や保湿クリームを塗り、保湿させることが大切です。注意点として、酵素洗顔は洗いすぎてしまうと肌本来に必要な皮脂や角質まで落としてしまうので、その点は気を付けましょう。

新たな鼻ニキビや黒ずみを防ぐには、状況に合ったクレンジングを選ぶことも重要です。例えば、普段しっかりメイクをする人が洗浄力の高いオイルクレンジングでメイク汚れを落とすことは問題ありませんが、休日に薄いメイクをしたときにも同じオイルクレンジングを使用してしまうと肌に必要な皮脂や角質まで落としてしまうことになります。薄いメイクにしたときは、ミルククレンジングのような洗浄力が弱めなものが合っています。状況に合わせたクレンジングを何種類か持っていると対応しやすいでしょう。このようなことを参考に、自分に合ったスキンケアを見つけて鼻のニキビや黒ずみを改善させましょう。

Category