肌をきれいにするレーザーは当てすぎると逆効果になるので注意しよう

肌をきれいにするレーザー

女性の肌は加齢によってたるみができてしまったり、シミができたり、ニキビ跡が残ったりするなど、色々な問題を抱えがちです。その問題は、レーザーによって改善できる可能性があります。レーザーは肌に刺激を与えられるもので、肌の2層目にある真皮に働きかけて、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促すことができます。そうすると、コラーゲンが肌を支える土台となって、たるみを改善できます。そして、レーザーにはメラニン色素を破壊できるタイプもあるため、メラニン色素の集合体であるシミも消せます。また、肌の再生力を促すレーザーを使用すれば、物理的に凹んでしまっているニキビ跡でも改善可能です。

そのように色々な問題を改善して、肌をきれいにすることができるレーザーですが、肌に当てすぎると逆効果となり、肌から美しさを奪ってしまう恐れがあります。レーザーには色々な種類がありますが、いずれも基本的には肌に多少のダメージを与えるものです。そのため、高い頻度でレーザーを照射すると、肌がダメージを回復できないまま、ダメージを蓄積してしまいます。そうすると、肌が健康的ではなくなり、たるみの悪化やニキビの量が増えるなど、色々なトラブルに繋がりかねません。

コラーゲンやヒアルロン酸の生成

また、シミを取り除くタイプのレーザーは、逆にシミを増やしてしまう恐れがあります。シミ取りレーザーは、メラニン色素が入っている肌組織を破壊します。その際に、メラニン色素を生み出すメラノサイトという部分を刺激すると、シミが増えてしまいます。レーザーを当てる回数が多ければ多いほど、そのメラノサイトを刺激してしまうリスクが高くなります。これはシミを完全になくしたいと考え、高頻度でレーザー治療を受ける人にありがちなパターンです。

Category